PR

バンコクのおすすめ観光地は?駅近ホテルと電車で行きやすい観光スポット10選!

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

この記事では、バンコクのおすすめ観光スポットについて10選まとめて紹介します。駅近ホテルから、公共交通機関(電車)を使って気軽に行ける、アクセスしやすい観光地ばかりを選びました。

2024年の夏は「SUMMER SONIC BANGKOK(サマーソニック バンコク)」も開催されることが決定しているバンコク!初めてのタイ観光にピッタリのおすすめの場所を選んでいるので、タイを訪れる際の参考にしてください^^

きゅんはむ。
きゅんはむ。

公共交通機関利用を想定して、駅近のホテルを宿泊先に選びましょう。

≫バンコク観光におすすめ!アクセス便利な駅近のホテルはこちら!

現地でスムーズに移動するためにも、ネット環境は整えておきましょう!

✓10台まで同時に接続OK!
✓申込は16時までOK!最短翌日着◎
✓タイ大手通信会社TRUE社の最新WiFi SIM搭載!

≫タイ専用4G LTE無制限Wi-Fiルーター「タイデータ無制限」を見る

✓出発2日前までに受け取り可能!
✓電源を入れない日は「通信料0円」!
✓1日5GBの大容量を超過しても、500kbpsの高速度!

≫海外Wi-Fiレンタルショップの詳細を見てみる

バンコクのおすすめ観光地は?

バンコクでの移動手段と言えば、高架鉄道(スカイトレイン/BTS)、地下鉄(MRT)などの公共交通機関です。バンコクの路線図アプリを入れておくと、移動や観光に便利なのでこちらからダウンロードしておきましょう。

バンコクのメトロ
バンコクのメトロ
開発元:Seokhyeon Nam
無料
posted withアプリーチ

ワット・プラ・ケオ

通称エメラルド寺院とも呼ばれ、豪華な装飾が施されたお寺は、バンコク観光の定番です。

「MRTサナームチャイ駅」から徒歩15分。(エクスプレスボート利用の場合、ターチャン船着場から2分。)

TADA LABELS
きはむ。
きはむ。

タイに訪れたら行ってみたい定番の観光スポット!撮影でも使われているのをよく見るので「あ!あの作品のロケ地だ!」ってなるかも◎

  • 名称:ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)、Wat Phra Kaew
  • 営業時間:08:30〜16:30 (チケット発券は15:30まで)
  • 料金:500バーツ
  • 公式情報:公式サイト

ワット・アルン

アルンとは暁と言う意味で、作家、三島由紀夫の「暁の寺」で描かれたことでも知られています。特に夜のライトアップが神秘的です。

「MRTイサラパープ駅」より徒歩12分。(エクスプレスボート利用の場合、アルン船着場から2分。)

BEST TRAVEL
  • 名称:ワット・アルン (暁の寺)、Wat Arun Ratchawararam
  • 営業時間:08:00~17:30
  • 料金:100バーツ
きゅんはむ。
きゅんはむ。

すぐ近くに、美味しいカオマンガイ屋さんがあるので紹介します!お店の名は「ムイリーカオマンガイ」。創業80年以上の老舗だそうです。

ワット・ポー(ねはん寺)

タイ最古の歴史を持つ最高位の寺院。全長46mの金の涅槃仏(ねはんぶつ)が安置されています。

「MRTサナームチャイ駅」から300m

  • 名称:ワット・ポー(ねはん寺)、Wat Pho
  • 営業時間:土日月・8:00〜18:00、火水木9:00〜18:00、金・8:30〜18:00
  • 料金:200バーツ (120cm以下の子供は無料)
  • 公式サイト:Facebook

ワット・パークナム

最上階にある仏塔と天井画が美しい、フォトジェニックなお寺として有名です。

「MRTバーンパイ駅」より徒歩12分

  • 名称:ワット・パークナム、Wat Paknam Phasicharoen
  • 営業時間:08:00~18:00
  • 公式サイト:Facebook

アイコンサイアム

タイ最大級の商業施設であるだけでなく、音と光の噴水ショーも有名です。

「BTSクルントンブリー駅」から無料ミニバスで約5分 「サトーン船着場」から無料シャトルボートで約5分。

きはむ。
きはむ。

年末年始にはクリスマスツリーやイルミネーション、カウントダウンコンサートなどが行われとっても賑やかです。

参考タイの年末年始の過ごし方でも「アイコンサイアム」を紹介

  • 名称:アイコンサイアム、ICONSIAM
  • 営業時間:10:00~22:00
  • 公式情報:公式サイト

ジムトンプソン・ハウス

Global Travel Mate

タイシルクで財をなしたジムトンプソンの住居跡。タイ伝統的な建物や南国らしい庭は、一見の価値ありです。

「BTSナショナルスタジアム駅」から徒歩5分

  • 名称:ジムトンプソンの家(ジムトンプソン・ハウス)、Jim Thompson’ s House
  • 営業時間:09:00~18:00/無休
  • 入場料:200バーツ(大人)、100バーツ(22歳以下)、無料(10歳以下)
  • 公式情報:公式サイト

ザ・ワン・ラチャダー(旧ラチャダー鉄道市場)

バンコク観光の楽しみの一つでもあるナイトマーケット、このマーケットには雑貨や衣類の他、フード系も含め約1,000軒もの店が建ち並びます。

以前はカラフルな屋根並ぶインスタ映えするフォトジェニックなスポットでしたが、2022年9月に生まれ変わり、白いテントと南国の木が並び(以前より)落ち着いた雰囲気のナイトマーケットとなっています。

「MRTタイカルチャーセンター駅」より徒歩3分。

  • 名称:ザ・ワン・ラチャダー、The One Ratchada
  • 営業時間:17:00~24:00
  • 公式情報:Facebook
きゅんはむ。
きゅんはむ。

そしてこの近くで、おすすめの場所は「3ピーノーン・カオマンガイ」!タイ俳優のクリスさん、トップタップさん、ウェイブさんの3人が経営しているカオマンガイ屋さんです。

きはむ。
きはむ。

駅からも近いので、是非行ってみたいです!その他、タイの俳優さんは芸能活動の傍らにお店を出していることが多いので、チェックしてみてください。

参考タイの俳優さんのお店紹介はこちら!

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット

やなぎらいふ 世界試住

敷地面積なんと10万平方メートルのバンコク最大のマーケット。約8,000軒の店舗があり、売ってない物はないのではないでしょうか?観光客が多く訪れるショッピングスポットでもあり、お土産探しにもおすすめです。

「BTSモーチット駅」、「MRTチャトチャック公園駅」出てすぐ。

  • 名称:チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット、Chatuchak Weekend Market
  • 営業時間: 09:00~18:00(土日のみ、営業時間は店舗による)
  • 公式情報:公式サイト
きゅんはむ。
きゅんはむ。

この近くに、美味しいトムヤムクンが食べれるお店があるんだって!もちろん他にも色々なメニューが揃っているよ。

チャイナタウン (ヤワラー)

Friends from Thailand travel guide

バンコクの中華街は規模も大きく、ここはタイ?と思ってしまうくらい別世界です。漢字の看板が多く、中華料理店が目立ちます。

ここの中華街の料理は、味のレベルが高いのにもかかわらず、リーズナブルということで有名です。

「MRTワットマンコン駅」1番出口すぐ。

  • 名称:チャイナタウン (ヤワラー)、China Town (Yawarat)
きはむ。
きはむ。

中華街で是非食べてほしいのは、牡蠣のオムレツとホイトート(タイ風お好み焼き?)です。とにかく絶品!

GMM TV

タイの芸能事務所、及びTV局であるGMMTV本社はロビーでの出待ちがOKというファンに優しいTV局です。

Snow Manのバラエティ番組「それSnow Manにやらせて下さい」で、あべこじ(阿部亮平×向井康二)の2人も訪れたGMMTV!タイのドラマを見たことがある方は特に、タイに行ったらついでに訪れてみたい場所ではないでしょうか。

  • 名称:ジーエムエムビル(タワー)、GMM Grammy Place Building
  • 営業時間:09:00~18:00(土日祝休み)
  • 公式情報:公式サイト
きゅんはむ。
きゅんはむ。

GMMTVへのアクセス方法は詳しく紹介した記事があります。俳優さんのお店紹介もしているので、タイの芸能人に興味のある方は是非チェックしてください。

≫GMMTV本社への行き方が詳しく知りたい方はこちら!

現地でスムーズに移動するためにも、ネット環境は整えておきましょう!

きはむ。
きはむ。

旅先でネットが使えないと、とっても困ります!データ容量は無制限で高速で繋がるものを使いましょう。

✓10台まで同時に接続OK!
✓申込は16時までOK!最短翌日着◎
✓タイ大手通信会社TRUE社の最新WiFi SIM搭載!

≫タイ専用4G LTE無制限Wi-Fiルーター「タイデータ無制限」を見る

✓出発2日前までに受け取り可能!
✓電源を入れない日は「通信料0円」!
✓1日5GBの大容量を超過しても、500kbpsの高速度!

≫海外Wi-Fiレンタルショップの詳細を見てみる

きゅんはむ。
きゅんはむ。

タイ観光にもおすすめな、駅近のホテルはこちらの記事で紹介しています。初めて行く場所なら、分かりやすい立地のホテルが絶対おすすめ◎

≫タイ観光におすすめ!駅近ホテル&空港近くのホテルはこちら

タイに滞在すると1日いくら必要?交通手段や交通費は?食費はどのくらい?など、タイ旅行の費用について知りたい方は、具体的にモデルケースで紹介しているこちらの記事を参照ください。

≫タイ滞在時の費用はいくら?モデルケースで具体的に紹介!

まとめ

サマソニ初の海外開催地にも選ばれたタイのバンコクについて、駅近のホテルに滞在することを想定し、公共交通機関(電車)でアクセスしやすいおすすめの観光スポットを10箇所紹介しました。