PR

おっさんずラブリターンズ7話あらすじとネタバレ感想!黒澤の余命1ヶ月について考察

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

この記事では、放送開始から人気が治まらない「おっさんずラブ・リターンズ」第7話あらすじとネタバレ感想に加え、予告から今後の展開について考察していきます。

おはむ。
おはむ。

1月期に続々とドラマが放送されたなかで、ドラマ満足度ランキングで「おっさんずラブ・リターンズ」が1位になっていました!※2位「相棒シーズン22」・3位「正直不動産2」

ちゃはむ。
ちゃはむ。

どれも続編になるほどの人気ドラマで、そこで1位獲得はすごいです!BL(ボーイズラブ)と聞くと少なくとも抵抗を感じる世の中ではありますが、ここまで評価がすごいと世間では受け入れられつつあるのかな?とも思えます。

「おっさんずラブリターンズ」はTVerで見逃し配信をしています。一度見たら虜になっちゃう「おっさんずラブ」は、シリーズを通して見るのをおすすめします。

≫見逃し配信はTVer(ティーバー)をチェック!

映画も含めた、日本の「おっさんずラブ」シリーズが全て配信されている、U-NEXTでは、香港版の「おっさんずラブ」、「大叔的愛」も放送されています。

無料トライアル期間があるので、期間内に解約すれば料金はかからないためリスクなしに試すことができます^^

✔31日間の無料トライアル!
✔230,000本以上の動画が見放題!(BL作品も多数!!)
✔動画だけでなく、電子書籍も楽しめる!

劇場版や「おっさんずラブ-in the sky-」、香港版も網羅

【U-NEXT】で「おっさんずラブ」を見てみる

≫U-NEXTを見てみる

※紹介している作品は、2024年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もございますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

≫おっさんずラブリターンズ6話感想はこちら!

「おっさんずラブ・リターンズ」第7話あらすじ&ネタバレ感想

幸せたっぷりな結婚式を無事に迎えた春田と牧でしたが、浮かれた気持ちを切り替えて日常生活を過ごしていると、荒井ちずが倒れたと春田に連絡が入ります。

これまでの疲労が蓄積されたことが原因となり、ちずが入院しているあいだ息子の吾郎を預かることにした春田と牧の子育て生活がスタートします!

おはむ。
おはむ。

3歳の子どもをみるのって大変ですよね。産んだ母親でさえも毎日試行錯誤しながら育てているのに、いきなり3歳児を預かるなんて予想以上に大変なことだと思います。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

前回の放送で吐血をした黒澤も元妻・蝶子に背中を押されて病院に行きます。その結果も気になるところです。

一方で、春田への恋心を忘れようと努力する和泉ですが、簡単に吹っ切れるものでもなく苦悩が続きます。任務のために家を出ていった菊之助のことを気にしていると、任務中に負傷したと公安から連絡が入り、慌てて病院に向かいます。

これをきっかけに和泉と菊之助の関係に変化がくるのか・・・

春田と牧の子育てはどうなるのか!

1OC イチオシ Vol.4 表紙:田中圭×林遣都 『おっさんずラブ-リターンズ-』
created by Rinker

和泉に渡された恋の処方箋

結婚式を振り返りながら春田と牧は朝食を楽しみます。幸せたっぷりな時間を過ごした2人にはいい思い出でもあり、正式な夫婦になれなくてもけじめができた瞬間でもありました。

幸せオーラを放ちながら出勤した春田は、他の社員達からお祝いの言葉をもらいながら和泉に朝の挨拶をしますが、春田への気持ちに気付いてしまった和泉は春田を見ることができません。

春田を避けるように立ち去った和泉は、参加した「なんでもすっきり相談室」にもう一度行ってみることにします。

おはむ。
おはむ。

今度も武川に相談を聞いてもらうとは・・・良いような悪いような感じですね。今回はどんな答えをくれるのか気になります。

前回の相談で「バレンタインを活用したらどうか」と武川からアドバイスをもらったものの、春田にチョコを渡せなかったことを伝えます。

結果的にはチョコを渡せず和泉のバレンタインは失敗に終わったのですが、春田への気持ちに確信が持てたことと、吹っ切れない気持ちをどうすればいいのかを武川に相談します。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

悩み続ける和泉に、武川からのアドバイスは・・・まさかのシェア!?

しっかり振られたわけでもないし、思いを伝えたわけでもないため最初から進んではないんですよね。ただの片思いで止まっているだけなのが余計に辛いです・・・。

何歳になっても恋って素敵だなって感じます。こんな恋をもう一度したいとドラマを見ていると思わざるを得ないです。

≫おっさんずラブシリーズ全話を振り返る

荒井ちずが入院!?

遅れて会議に出席してきた荒井ちずですが、軽くひと息ついて仕事に励みますが、仕事・子育てと忙しい毎日を繰り返し、その疲れが出てしまい会議後に倒れてしまいます。

念のためちずを病院に連れていく牧と歌麻呂に代わって、春田が息子:吾郎を保育園まで迎えに行くことになります。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

子育てだけでも言葉で表せないほどの苦労があるのに、シングルマザーで仕事してってなると体が悲鳴をあげることもあります。お母さんも1人の人間ですから、無理はしてほしくないですね。

おはむ。
おはむ。

病院に搬送されたちずですが、しばらくは入院が必要となります。このことを兄:鉄平に伝えようとしますが、ちずは結婚してから初めての家族旅行を自分のために台無しにしてほしくないという思いから、連絡はしないでほしいとお願いします。

しっかり者のちずですが、入院しても仕事をしようとする姿に2人は止めます。こういう時は身体を優先的に考えてもらって仕事は回復してから頑張ってほしいものです。

≫おっさんずラブーリターンズー Blu-ray BOX【Blu-ray】

【楽天ブックス限定先着特典】おっさんずラブーリターンズー Blu-ray BOX【Blu-ray】(雪だるまイラスト入りハンカチ)
created by Rinker

小さな怪獣の吾郎

吾郎と一緒に帰宅した春田は、早速子育ての大変さを思い知ることになります。家中を走り回り、飾っていた観葉植物の植木鉢を倒されたり、キッチンの壁には落書きをされたり吾郎に振り回されっぱなしの春田でした。

帰宅した牧は変わり果てた家を見て驚きつつ、ぐったりしている春田に近づきます。「なめてたわ・・・3歳児」とつぶやいた春田は脱力してしまいます。

おはむ。
おはむ。

同年齢の子どもがいる家庭の方なら、一緒だ!と共感できることが多いのかもしれませんね。自分の子どもならともかく、預かっている子どもとなると扱い方にも注意が必要だから大変です。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

こうして見ていると、子育てって簡単そうに見えても大変なことばかりです。それを全部ワンオペでやるなんて母親はすごいなと思います。

まだまだ吾郎との生活が始まったばっかりですが、この先どんな暮らしが春田と牧を待っているのか気になるところです。

一方で、結婚式で吐血をした黒澤の体調が気になります。長い間、健康診断を受けていなかった黒澤は病院で診察を受けますが、ストレス性の吐血だと医師から告げられます。その場では納得した様子を見せながらも、疑いの気持ちを抱えながら病院を後にします。

確かに、たまに診断結果で疑ってしまうことありますね。ストレスとか何でも年齢のせいにしたりとか、本当にちゃんと見てくれてます?って思う時は、年齢と共に感じることがあると聞きます。特に女性の場合は“何でもかんでも更年期だと言われる”と、親が文句を言っていたことを思い出しました。

≫スキマスイッチが歌う!おっさんずラブリターンズ主題歌はこちら

【Amazon.co.jp限定】Lovin’ Song (初回限定盤)(Blu-ray付)(特典:メガジャケ(抽選でメッセージ入り)付)
created by Rinker

春田への感情が抑えきれない和泉

思いを断ち切ろうと頑張るも、同じ職場であり直々の上司となる春田の傍から離れるのは難しいことが多いようです。営業マンとしての和泉は不安要素たっぷりですが、ぼーっとしている印象は放送開始直後から変わっていませんね。

おっちょこちょいな一面もある和泉を、春田は先輩としてしっかりと支えます。和泉は、そんな春田を隣で感じながら仕事を進めるも、日に日に感情を抑えることができなくなり爆発してしまいます。

おはむ。
おはむ。

研修中の間は、先輩について仕事することが多いのと、しかも相手が元カレに瓜二つだったなんて好きになるのも必然的だし、ちょっとした優しさに触れるだけでキュンってしちゃいますね。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

無邪気な春田を見るだけでも乙女心は締め付けられ、何気ない距離感にも和泉には苦しく、我慢の限界に達してしまった和泉は「あー、もう!あんたさ、ダメだって!そういうの!」と言い立ち去ります。

好きな人が隣にいるだけでもしんどいのに、優しくされると勘違いしてしまったりして、叶わない恋だからこそ辛くなりますね。そんな和泉の気持ちを知る由もない春田は、罪深い男ですね。(黒澤も牧にも過去、春田の鈍さが発揮されていたのを思い出します!

武川にもらった恋の処方箋も役に立たぬまま、和泉に捨てられるのでした。軽く和泉に突き飛ばされた春田は、驚きのあまり固まるしかないのでした。

菊之助の思いと迎えた決着

和泉と同棲していた家を出てから黒澤宅でお世話になっていた菊之助も、次の家が見つかった(任務遂行)ため黒澤の家を出ていきます。

いつも通り移動販売で「おむすび」の販売がひと段落つき12時に作戦決行と任務に向かいます。

その裏で、ずっと体調が気になっている黒澤に蝶子が声をかけます。体調について不安があることを相談すると、心配なら他の病院で再度見てもらったほうが良いとアドバイスする蝶子に連れられて、一緒に再検査しに行きます。

おはむ。
おはむ。

和泉に軽く突き飛ばされた春田は、和泉を怒らせてしまった理由が分からず和泉に確かめようとしたとき、知らない会社から和泉宛に電話がきます。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

和泉宛に電話してきたのは公安からで、菊之助が任務中に負傷した知らせでした。平然を装いながらも、和泉は慌てて病院に向かいます。

秋斗の事件を思い出した和泉は、同じことになってしまったらと不安を感じながらも手術室に向かいます。果たして菊之助は無事なのでしょうか!?

和泉は無事に手術を終えた菊之助を屋上で見つけ声をかけます。撃たれたと聞いて飛んできた和泉に対して「大げさですよ」と軽く話した後、秋斗を殺した犯人たちを捕まえることができたことを和泉に伝えます。それを聞いた和泉も安堵し、2人は敬礼しあうのでした。

解決したからには、もう自由に生きて良いと伝える菊之助。戸惑う和泉に、菊之助は軽くキスをします。

これまで秋斗との過去に戦う和泉を支え、和泉への感情を我慢してきた菊之助は「ずっと好きでした」と告白をします。

おはむ。
おはむ。

和泉は呆然と立ち尽くし菊之助を見つめ返すことしかできません。そんな簡単には引っ付いてくれませんね・・・。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

秋斗との過去については決着しましたが、これからの関係がどうなるのかまでは、今のところお預けみたいです。

おっさんずラブーリターンズー シナリオブック
created by Rinker

君たちはどう生きるのかい

入院していたちずも退院を迎えます。吾郎を連れて病室に向かった春田と牧は、本当の家族を前にして少し寂しさを感じます。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

吾郎もやっぱりママに会えて嬉しそうです。春田と牧も、慣れない子育てを通してすごいなと褒めながら、今後も力になると言ってくれた頼りになる友人です。

おはむ。
おはむ。

春田が鉄平に誤送信してしまったことから、ちずが入院しているとバレてしまい急遽帰国してきた鉄平と舞香。ちずが2人に迷惑をかけまいと取った行動が鉄平と舞香にしてみると、そっちの方が迷惑だといわれてしまいます。

家族だからこそ気遣いも無用で頼ってほしい、鉄平家族4人に加え、ちずと吾郎も家族だと言ってくれる家族愛で溢れた素敵なシーンです。

舞香の「私たち6人で家族じゃない」って言葉に釣られて泣きそうになっちゃいました。

家族のかたちは、色々だなと改めて考えさせられました。どんな形であっても、お互いの心に愛情があるだけで幸せだなと感じました。

そして和泉に思いを告げた菊之助。思いを告げられた和泉との関係がこれからどう発展していくのか注目したいところです。意外と長期間の戦いかもしれませんね。それはそれで楽しみです♪

黒澤の余命1か月について考察!

蝶子に付き添ってもらった病院で再検査することになった黒澤に告げられたのは、「余命1か月」の宣告でした。

吐血で余命1か月となると≪末期の胃がん≫かもしれませんが、あくまでも予想です。

おはむ。
おはむ。

余命1か月と突然言われても素直に「分かりました」なんて言えないし、まず宣告を受け入れられないのが現実です。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

自分に置き換えてみても、受け入れられないし絶望しか感じられないです。でも、ずっと下を向いているわけにもいかないだろうから、可能な限り、やりたいことをしたいなと考えていました。皆さんは、「余命1か月」と言われたらどうしますか?

放送も後半に入って、クライマックスに向かっていますが、この中途半端な回で黒澤が離脱するとは考えにくいかなとも思うのですが、次の放送時にどう進んでいくのか、とても気になるし最終回までいてほしい気持ちもあります。

「おっさんずラブ」には欠かすことができない存在だった人が、途中で抜けるなんて視聴者としてはしてほしくないです。どこかのタイミングで、この診断は間違いでした!って言ってくれないかなと淡い期待をしています。

おはむ。
おはむ。

毎回最後に危険な匂いを醸し出してくる、おっさんずラブリターンズ!でも今までは全部笑える方向になっているから、大丈夫だと信じたい!!

Xのポストでも考察している方や希望を述べている方が多く、“黒澤の余命1ヶ月”については、やはり皆さん半信半疑といった印象を受けました。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

個人的な予想はセカンドオピニオンの医師の方がヤブで間違いなんじゃ?そして何かの言葉の利き間違いなんじゃ??と、ポジティブ思考で考えています。

≫おっさんずラブシリーズ全話を振り返る

映画も含めた、日本の「おっさんずラブ」シリーズが全て配信されている、U-NEXT香港版の「おっさんずラブ」、「大叔的愛」も放送されています。

無料トライアル期間があるので、期間内に解約すれば料金はかからないためリスクなしに試すことができます^^

✔31日間の無料トライアル!
✔230,000本以上の動画が見放題!(BL作品も多数!!)
✔動画だけでなく、電子書籍も楽しめる!

劇場版や「おっさんずラブ-in the sky-」、香港版も網羅

【U-NEXT】で「おっさんずラブ」を見てみる

≫U-NEXTを見てみる

※紹介している作品は、2024年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もございますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

≫見逃し配信はTVer(ティーバー)をチェック!

第8話:余命1か月の家政婦 予告

思いもよらぬ宣告をされてしまった黒澤は、病院に付き添ってくれていた蝶子に心配かけさせないように笑顔で接しますが、1人になってから、今後の≪終活≫について考えていきます。

黒澤が余命宣告をされているとは思ってもいない春田は、苦手な家事にも慣れてきて失敗する回数も少なくなるほど急成長します。

おはむ。
おはむ。

その成長を見ていた牧は、家政婦さんに来てもらうことを辞めて、2人でやっていくことを提案します。今後の貯金もしていきたい牧の言葉に納得する春田でしたが、少し寂しさを感じるのでした。

ちゃはむ。
ちゃはむ。

過去から解放された和泉は、春田を誘って秋斗のお墓に行きます。そこで菊之助の頑張りもあって復讐が終わったことに加えて、「天空不動産」を退職しようか考えていることを話すのでした。

黒澤が余命宣告されていることを知らない牧は、歌麻呂から黒澤の体調不良について聞かされます。一緒にいた荒井ちずが、自身が入院中に黒澤に偶然会ったこと、その時に「ストレス性の吐血」と言っていたことを思い出します。

1か月と残り少ない時間をどう過ごしていくのか・・・
真実を知ることになる春田と牧の思い・・・

見逃せない第8話は、「家族」の次は「命」がテーマになります。

おはむ。
おはむ。

2024年は香港に続きタイでも、おっさんずラブがリメイクでドラマ化されます!主演の2人については、こちらの記事を確認してみてください。

≫タイ版おっさんずラブ主演!あすみく(EarthMix)について

≫おっさんずラブリターンズ8話感想はこちら!

これまで「おっさんずラブ」シリーズの音楽を手掛けている河野伸氏によるオリジナル・サウンドトラックCDが3月27日に発売決定となりました!ドラマの主題歌になっているスキマスイッチの「Lovin`Song〜ピアノver」も収録されています。

◆「おっさんずラブ・リターンズ」オリジナル・サウンドトラックCD◆

【先着特典】テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「おっさんずラブ -リターンズー」オリジナル・サウンドトラック(はるたんマフラー雪だるま マスキングテープ)
created by Rinker

発売日 3月27日
価格  1,980円(税込)
音楽  河野 伸
曲数  全6曲収録
特典  「はるたんマフラー雪だるま マスキングテープ」
※特典は無くなり次第終了となります。