PR

青森の紅葉シーズンはいつ?穴場スポットやデートにおすすめのライトアップ情報も!

アフィリエイト広告を利用しています
記事内に広告が含まれています。

青森県といえばりんごやねぶた祭が有名ですが、県内の約7割が森林地帯になっており、自然豊かでたくさんの紅葉が楽しめる地域です。

今回は青森の紅葉シーズンと穴場スポットやデートにおすすめのライトアップ情報を集めてみましたのでご紹介します。

  • 火山活動が生み出した絶景紅葉スポット十和田湖
  • 定番!秋の紅葉観光スポット奥入瀬渓流
  • 朝焼けに移る水面の綺麗な紅葉蔦沼
  • 地元民憩いの場!隠れたスポット南郷カッコーの森エコーランド
  • 太古から伝わる御神木♪穴場スポット北金ヶ沢の大イチョウ
  • 秋の紅葉もオススメ!弘前城
  • 静かな夜のデートにおすすめ♪中野もみじ山

色とりどりの美しい自然あふれる青森の紅葉に魅了され、地元の方から観光客まで訪れる人がたくさんいます!

例年観光客でにぎわう定番スポットから、地元民しか知らない穴場スポットまで集めました。それぞれの紅葉シーズンとオススメデートプランやライトアップ情報もご紹介します!

定番の青森の紅葉スポットはどこ?

まずは、青森の紅葉スポットで定番の場所を見ていきましょう。

十和田湖(とわだこ)

青森での紅葉スポットといえば、十和田湖を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

湖をゆったりと進む遊覧船に乗って壮大な紅葉を楽しんだり、御前ヶ浜を散策して美しい紅葉を眺めたりと様々な楽しみ方ができる人気紅葉スポットです。

遊覧船ではスタッフさんが紅葉スポットの歴史をガイドしてくれ、観光だけでなく十和田湖の歴史や文化を学ぶことができます。

小鳥
小鳥

おすすめデートスポットは宇樽部キャンプ場です♪

観光スポットとは少し離れた場所にあり、ほぼ地元の人しかいない穴場スポット。静かなキャンプ場で二人きりの時間を過ごすのにピッタリな場所です。

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)

十和田湖から流れる約14キロの渓流で高低差があり、紅葉の時期が上流と下流では少しずれていますが、その分長く紅葉を楽しめる場所です。

最盛期には車両規制が行われますが、数十分おきにでるシャトルバスが運行しており、渋滞に惑わされることなく紅葉を堪能できます。

3つの水流が合流しうねりを伴いながら流れる三乱の流れ、ダイナミックな水流の流れから名付けられた阿修羅の流れなど、自然が織りなす荒々しい光景と、優雅に色づいた紅葉との組み合わせが壮大な景観を生み出しています。

虎

おすすめの穴場はレンタルサイクルを使ったサイクリングデートです!

美しく色づいた紅葉の木々の中を駆け巡る渓流を眺めながら走ると会話も弾みますし、楽しい思い出を共有できます。

蔦沼(つたぬま)

私が一番おすすめする青森の絶景紅葉スポットは、蔦沼(つたぬま)です^^朝焼けの水面に移る見事な紅葉の絶景!言葉を失う美しさです。

奥入瀬エリアにある国立公園内に蔦七沼と呼ばれる7つの沼があり、その中でも一番大きく美しい紅葉が見られるのが蔦沼です。シーズン最盛期には沼一面真っ赤に染まり、朝日に照らされた水面に移る絶景は感動ものです。

小鳥
小鳥

シーズン中、自然保護、渋滞緩和の理由から事前予約、協力金が必要です。

沼には遊歩道があり、6つの沼とつながっているので散策しながらいろんな場所の紅葉を見ることができます。

虎

おすすめのデートは蔦沼から徒歩で行ける蔦温泉です。蔦沼の紅葉は早朝が一番美しく見ることができるため、前泊して朝早くに向かうのがおすすめ!

全国的に珍しい空気に触れていない源泉湧き流しの温泉でゆっくり休んで、色とりどりのブナやもみじを見ながら静かな遊歩道を通り、絶景の蔦沼紅葉を見てみてはいかがでしょうか?

青森の紅葉スポットで穴場はどこ?

次に、青森の紅葉スポットで地元民しか知らない穴場スポットを見ていきましょう。

小鳥
小鳥

紹介する2か所は、観光地としては知名度低めの”地元民しか知らない紅葉スポット”です!人混みや渋滞を気にすることなくゆっくりと紅葉を楽しむことができます♪

南郷カッコーの森エコーランド

青森県の太平洋側、八戸市民憩いの場南郷カッコーの森エコーランド。華道などの文化施設として使用されている谿松庵(けいしょうあん)の周りを囲むように、たくさんのもみじや色づいた紅葉が秋の美しい景色を作り出しています。

八戸をはじめとした南部地方以外では知名度が低めで、地元の人たちで盛り上がる穴場紅葉スポットです。

茶室では人数限定で先着順になりますが、お茶やおまんじゅうが振る舞われており赤く染まるもみじを眺めながら味わうことができます♪

おなかも心も満たされ、ゆったりとした優雅な時間を過ごすことができる大満足の紅葉スポットです!

おすすめの過ごし方は、夕方からの紅葉のライトアップです。他の紅葉スポットより早めの16時半ころからライトアップされており、夕焼けとライトアップの光でより鮮明に美しい景色を見ることができます。

虎

ライトの色が特徴的で、ピンクや紫、緑や青のライトを照らし暗闇に光る幻想的な紅葉の景色が広がります。カップルにおすすめのデートスポットです♪

北金ヶ沢の大イチョウ

青森県の日本海側、深浦町の北金ヶ沢に、古くからご神木として愛され大切に守られている大イチョウの木をご存知でしょうか?

樹齢はなんと1000年を超え、幹回りは22mの巨木で紅葉シーズンには黄金に染まり神々しい姿を見ることができます。

大イチョウから散ってできた黄金のじゅうたんは一面に広がり、美しい景色が広がっています。

近年ではパワースポットとしても注目され、観光客やカップルで訪れる人が多くなっており話題の紅葉スポットです。

紅葉シーズンには毎日夜間のライトアップを楽しむことができます。1本の巨木がまるで町全体を見守っているかのようにライトアップされた黄金に輝く大イチョウの木は、言葉を失うほどの美しさを放っています。

小鳥
小鳥

静まり返る町の中、凛とした姿で佇む巨木に感動します♪ロマンチックな紅葉デートにおすすめの場所です。

デートにもおすすめのライトアップが綺麗な場所はどこ?

最後に、青森の紅葉スポットでデートにおすすめのライトアップが綺麗な場所について見ていきましょう。

弘前城(ひろさきじょう)

桜祭りで有名な弘前城ですが、紅葉シーズンにも大きなイベントを行っています。その名も弘前城菊と紅葉祭り。

弘前公園内にある植物園で豪華絢爛な菊人形の展示や、市民が手塩にかけて育て上げた大小さまざまな香り高い菊の花が美しく咲き誇ります。園内にある楓やもみじとのコントラストが、風情溢れる津軽古都を感じさせます。

さくらまつりで人気の中濠を通る観光舟が紅葉シーズンに期間限定で運行します。色とりどりの綺麗な紅葉をゆったりと楽しむことができます。

小鳥
小鳥

おすすめのデートはやはり夜間のライトアップ!弘前自慢の桜の木、赤や黄色に染まる紅葉のライトアップは圧巻です。

2022年にはプロジェクションマッピングを使用したイベントも行われておりたくさんの人々で賑わいました。

夜ならではのライトアップされた紅葉の楽しみ方ができ、非日常な景色を感じてロマンチックな雰囲気になれます。

中野もみじ山

十和田湖、奥入瀬渓流に次いで人気紅葉スポットの中野もみじ山は弘前市のお隣、黒石市にあります。その昔、時の藩主が京都から100以上の楓苗を取り寄せ、移植してできたのが始まりとされています。

樹齢600年の大杉をはじめ、長い年月を得たもみじが見事に色づき、美しい景色を楽しむことができます。

近くには木々に囲まれた中野神社があり、赤い橋からはさまざまな紅葉のなかをかけめぐる渓流や不動の滝を見ることができます。

自然の力強さを感じさせる奥入瀬渓流とはまた違った、優しい渓流のせせらぎに癒され心身ともにリフレッシュできます。

虎

おすすめのデートプランは、17時から21時まで行われるライトアップです。

イベント盛りだくさんの弘前城とは違い、紅葉のライトアップのみの静かで厳かな雰囲気です。

露店も景観を邪魔しない程度の出店で、名物の黒石つゆ焼きそばが食べられ観光として楽しむこともできます。落ち着いてゆっくりと紅葉を眺めながら過ごしたいカップルにおすすめの場所です。

紅葉を楽しむためにも、歩きやすい靴を一足持っておきましょう。市販の靴が自分の足に合わなかったという経験がある方にはやさしい靴工房 Belle and Sofaの靴がおすすめです。

「甲幅が広い、外反母趾が悩み」という場合は幅広特注、「甲幅が狭い」という場合には幅狭特注と、たった700円でオーダーメイドのような履き心地が手に入るので長時間の歩行も疲れ知らずで楽しめます^^

現在の売れ筋商品が知りたい場合は、楽天市場の売れ筋ランキングを見てみるのもおすすめです。

各紅葉スポットのシーズンと所在地へのアクセスは?

青森の紅葉シーズンはいつか、各紅葉スポットの見頃な時期と所在地、アクセス方法について確認しておきましょう。

  • 十和田湖
    シーズン 例年10月中旬~10月下旬
    所在地  青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔
    アクセス 東北新幹線八戸駅からJRバスおいらせ号に乗車2時間15分。十和田湖(休屋)下車。徒歩すぐ。
  • 奥入瀬渓流
    シーズン 例年10月中旬~10月下旬(一部下流方面では11月上旬まで)
    所在地  青森県十和田市奥入瀬
    アクセス 八戸駅からJRバスおいらせ号に乗車1時間30分。焼山で下車。徒歩すぐ。
  • 蔦沼
    シーズン 例年10月中旬~10月下旬
    所在地  青森県十和田市奥入瀬
    アクセス 東北新幹線新青森駅からJRバスみずうみ号に乗車1時間50分。蔦温泉で下車。徒歩10分。
  • 南郷カッコーの森エコーランド
    シーズン 例年10月下旬~11月上旬
    所在地  青森県八戸市南郷大字中野字舘野4-4
    アクセス 八戸駅から南部バス軽米病院行きに乗車40分。道の駅なんごう下車。徒歩すぐ。
  • 北金ヶ沢の大イチョウ
    シーズン 例年11月中旬~11月下旬
    所在地  青森県西津軽郡深浦町大字北金ヶ沢字塩見形356
    アクセス 五能線北金ヶ沢駅から徒歩10分。
  • 弘前城
    シーズン 例年10月下旬~11月上旬
    所在地  青森県弘前市下白銀町1-1
    アクセス 弘前駅から市内循環100円バスに乗車30分。市役所前公園入口で下車。徒歩すぐ。
  • 中野もみじ山
    シーズン 例年10月下旬~11月上旬
    所在地  青森県黒石市南中野不動館27
    アクセス 黒石駅から弘南バス虹の湖行きに乗車30分。中野神社前下車。徒歩すぐ。

まとめ

自然に囲まれた青森の美しい景色がみられる絶景スポットをご紹介しました。定番の紅葉スポットでも地元の人しか知らない隠れた絶景や、周辺地域の人しか知らない穴場の紅葉スポットを訪れることで、一味違った青森の魅力を発見することができます。

また場所によってはライトアップも行っており、季節を感じる夜のデートにピッタリです!長い冬を迎える前の一瞬の秋の美しさを二人で楽しんでみてください♪きっと忘れられない思い出になります。

小鳥
小鳥

規制緩和も進み、ほぼ例年通りの規模で開催される予定の紅葉イベントばかりです。この機会にぜひ青森の素晴らしい紅葉を訪れてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました